2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題6】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 6
老齢厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 65歳からの老齢厚生年金が支給されるためには、老齢基礎年金の受給資格期間を満たし、厚生年金保険の被保険者期間が1ヵ月以上あることが必要である。

    [解答解説] ○
    適切である。報酬比例部分の老齢厚生年金の被保険者期間は1年以上必要だが、65歳以降の老齢厚生年金の被保険者期間は1ヶ月以上が条件となる。

  2. 老齢厚生年金に加給年金額が加算されるためには、老齢厚生年金の受給権者本人の厚生年金保険の被保険者期間が原則として20年以上あることが必要である。

    [解答解説] ○
    適切である。加給年金は、一定の配偶者や子がいる場合に、老齢厚生年金に加算される年金である。厚生年金保険の被保険者期間が原則として20年以上あることが必要である。また支給されるのは老齢基礎年金か定額分が支給された時からである。

  3. 老齢厚生年金の繰下げ支給を申し出る場合、老齢基礎年金の繰下げ支給と同時に申し出なければならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。繰り上げ支給は老齢基礎年金と老齢厚生年金をセットで行わなければならないが、繰り下げ支給はいずれか一方のみ行うことができる。

  4. 老齢厚生年金の繰下げ支給による年金の増額率は、繰り下げた月数に0.7%を乗じて得た率で、最大42%となる。

    [解答解説] ○
    適切である。繰り下げ支給した場合の増額率は繰り下げた月数×0.7%であり、0.7%×5年(60ヶ月)=42%が最大となる。なお、繰り上げ支給した場合の増減率は、繰り上げした月数×0.5%で、0.5%×5年(60ヶ月)=30%が最大となる。

[解答] 3
[補足]

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...