2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題7】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 7
障害基礎年金および障害厚生年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 国民年金の被保険者でない20歳未満の期間に初診日がある傷病により、20歳に達した日またはその日後において障害等級1級または2級に該当する障害の状態にある者は、その者の所得にかかわらず、障害基礎年金が支給される。

    [解答解説] ×
    不適切である。前年の所得が一定の金額を超えた場合、年金は全額または2分の1が支給停止となる。

  2. 障害等級3級に該当する者に支給される障害厚生年金の年金額は、障害認定日の属する月までの厚生年金保険の被保険者記録に基づき計算されるが、その額が最低保障額に満たない場合は最低保障額が支給される。

    [解答解説] ○
    適切である。遺族厚生年金と同じように、被保険者期間の月数が300月未満の場合は300月として計算し、さらに、58万4,500円(平成30年度)の最低保障がある。

  3. 障害等級1級または2級の障害厚生年金の受給権者が、所定の要件を満たす配偶者を有する場合、その受給権者に支給される障害厚生年金には、加給年金額が加算される。

    [解答解説] ○
    適切である。障害等級3級にはないが、1級と2級の障害厚生年金には加給年金があり、生計維持関係にある配偶者がいる場合、障害厚生年金に加算される。

  4. 障害基礎年金の受給権者が、所定の要件を満たす子を有する場合、その受給権者に支給される障害基礎年金には、子の数に応じた額が加算される。

    [解答解説] ○
    適切である。障害基礎年金は、1級と2級の場合に支給されるが、いずれも所定の要件を満たせば、子の加算がある。

[解答] 1
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...