2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題10】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 10
下記<物品販売業A社の損益計算書>の勘定科目に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 売上高は、企業の規模を推し量る数値であり、経営効率を示す指標である総資本回転率は、売上高を総資本で除した数値である。

    [解答解説] ○
    適切である。「総資本回転率=売上高÷総資本」で求めることができる。

  2. 売上原価は、期首の在庫(期首商品棚卸高)と期中の商品仕入高の合計から期末の在庫(期末商品棚卸高)を差し引いたものである。

    [解答解説] ○
    適切である。棚卸高は商品の在庫であり、売上原価は売却(販売)した分である。たとえば前年度の在庫が200(期末商品棚卸高)、今年度300(商品仕入高)を購入し、年度末の残高が200だった場合、今年度どのくらい売却(販売)したかを求めるには、「200(期末商品棚卸高)+300(商品仕入高)-200(年度末の残高)=300(売上原価)」で求めることができる。

  3. 販売費及び一般管理費は、販売業務や管理業務に関して発生した費用であり、役員報酬や従業員給与はここに含まれる。

    [解答解説] ○
    適切である。販売費及び一般管理費は営業を行う上で必要な経費を計上する。役員報酬や給与もここに含まれる。

  4. 当期純利益は、税引前当期純利益から法人税等を差し引いた後の利益であり、利益効率を示す指標であるROEは、売上高に対する当期純利益の割合である。

    [解答解説] ×
    不適切である。ROEは「当期純利益÷自己資本×100」で求められる。よって自己資本に対する当期純利益の割合である。

[解答] 4
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...