2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題18】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 18
傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 普通傷害保険では、熱中症により治療を受けた場合は保険金支払いの対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。傷害保険は、急激・偶然・外来の要件を満たす必要があるため、熱中症や病気は対象外となる。

  2. 普通傷害保険では、被保険者の年齢によって保険料が異なる。

    [解答解説] ×
    不適切である。傷害保険は年齢によって保険料は変わらない。なお70歳超など高齢になると加入できない場合がある。

  3. 家族傷害保険では、保険契約締結後に誕生した記名被保険者本人の子も、被保険者となる。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のように、契約後に誕生した子も被保険者となる。

  4. 家族傷害保険では、記名被保険者の家族の人数によって保険料が異なる。

    [解答解説] ×
    不適切である。家族の人数にかかわらず保険料は同じである。保険金額等によって保険料は異なる。

[解答] 3
[補足]
普通傷害保険は、国内・国外、家庭内・職場内、通勤途中や旅行中などの事故やケガを対象とする保険である。家族傷害保険は対象を家族(配偶者や生計維持関係にある同居親族、別居の未婚の子)に広げたものである。

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...