2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題19】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 19
地震保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 店舗併用住宅を補償の対象とする地震保険の保険料は、原則として、店舗部分を除いた居住用部分に係る保険料のみが地震保険料控除の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。地震保険料控除は居住用向けなので、店舗部分を除いた居住用部分にのみ対象となる。

  2. 地震保険を付帯した火災保険については、火災保険の保険料と地震保険の保険料を合計した保険料が地震保険料控除の対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。火災保険には控除はない。地震保険料だけ上限5万円として地震保険料控除がある。

  3. 地震保険料控除の控除限度額は、所得税では40,000円、住民税では25,000円である。

    [解答解説] ×
    不適切である。地震保険料控除の控除限度額は、所得税では50,000円、住民税では25,000円である。

  4. 5年分の地震保険の保険料を一括で支払った場合、その全額が支払った年の地震保険料控除の対象となり、翌年以降の地震保険料控除の対象とはならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。一括で支払った場合は、年間保険料を算出して控除することになる。

[解答] 1
[補足]

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...