2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題20】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 20
生命保険を利用した家庭のリスク管理のアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「自分が死亡した場合の家族の生活資金を準備するために生命保険に加入したい」という相談に対して、定期保険への加入を提案した。

    [解答解説] ○
    適切である。葬儀費用目的なら終身保険がベストだが、生活資金の準備であれば定期保険も選択肢となる。

  2. 「自分の老後の生活資金を準備するために生命保険に加入したい」という相談に対して、収入保障保険への加入を提案した。

    [解答解説] ×
    不適切である。収入保障保険のように名称から保障内容が読み取れないものは特に注意しよう。収入保障保険は定期保険の一種で、掛け捨ての死亡保険である。一般的に末子が生まれたときが最も必要保障金額が高く、徐々に減少する。そのため保障金額の減少に合わせて保障を得られるのが収入保障保険で、無駄が少なくなり、定期保険よりも保険料は安くなる(他が同じ条件なら)。そのため老後の生活資金を準備できる貯蓄性の高い商品ではない。

  3. 「病気や傷害で入院した場合の医療費負担が不安なので生命保険に加入したい」という相談に対して、医療保険への加入を提案した。

    [解答解説] ○
    適切である。医療保険は医療費負担を軽減させる効果がある。

  4. 「自分が死亡した場合の相続税の納税資金を確保するために生命保険に加入したい」という相談に対して、終身保険への加入を提案した。

    [解答解説] ○
    適切である。終身保険の受取人を配偶者や子にすることで、死亡保険金の非課税制度を利用し、相続税の納税資金にすることができる。

[解答] 2
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...