2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題23】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 23
一般的な固定利付債券の利回りと価格の関係等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 他の条件が同一であれば、債券価格が下落すると、その利回りは上昇する。

    [解答解説] ○
    適切である。利回りは、収益÷価格×100で求められるため、価格が下落すると利回りは上昇する。

  2. 他の条件が同一であれば、残存期間の短い債券より残存期間の長い債券の方が、利回りの変動に対する価格の変動幅は小さい。

    [解答解説] ×
    不適切である。残存期間の長い債券の方が、利回りの変動に対する価格の変動幅は大きい。

  3. 他の条件が同一であれば、表面利率が低いほど、利回りの変動に対する価格の変動幅は大きい。

    [解答解説] ○
    適切である。表面利率が低いほど利回りの変動に対する価格の変動幅は大きい。

  4. 他の条件が同一であれば、信用リスクが低いほど、利回りは低くなる。

    [解答解説] ○
    適切である。先進国の債券のように、信用リスクが低いほど利率は小さく、利回りは低くなる。

[解答] 2
[補足]
利回りが変動したときの債券価格の変動幅は、「(修正)デュレーション」という指標を使う。デュレーションは元本の平均回収期間も示すため、単位は「年」となる。デュレーションは債券の分析手法で、デュレーションが長い債券は短い債券より金利変動による価格変動が大きくなる。
\begin{align*}
& P(価格)=\frac{C}{(1+r)}+\frac{C}{(1+r)^2}・・・\\
\end{align*}
※C:クーポンレート、利率 (1+r):利回り

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...