2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題26】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 26
金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. オプション取引は、将来の一定期日または一定期間内に、原資産を、あらかじめ定められた価格で売る権利または買う権利を売買する取引である。

    [解答解説] ○
    適切である。買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションという。

  2. オプションの売り手は、オプションを行使する権利を有するが、その権利を放棄することもできる。

    [解答解説] ×
    不適切である。オプションの買い手は権利を放棄することができるが、売り手は放棄することはできない。

  3. 先物取引には、証拠金を預けることによって、それよりも多額の取引ができるという現物取引にはない特徴があり、これをレバレッジ効果という。

    [解答解説] ○
    適切である。レバレッジ(てこ)効果により、少ない投資金額で多額の取引をし、大きな利益を得る可能性があるが、大きく損をすることもある。

  4. 現物取引と反対のポジションの先物を保有することなどにより、価格変動リスク等を回避または軽減することを狙う取引をヘッジ取引という。

    [解答解説] ○
    適切である。先物取引では売り注文をしてあとで買うことができる。現物取引と先物取引を活用することでリスクヘッジをすることができる。

[解答] 2
[補足]

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...