2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題29】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 29
わが国における個人による金融商品取引に係るセーフティネットに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 財形貯蓄制度により国内銀行に預け入れられている預金は、預金保険制度による保護の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。国内に本店のある金融機関の預金が預金保険制度の対象なので、財形貯蓄制度により国内銀行に預け入れられている預金も対象となる。

  2. 国内銀行に預け入れられている外貨預金は、預金保険制度による保護の対象外である。

    [解答解説] ○
    不適切である。預金保険制度の保護対象外の預金を付保対象外預金というが、付保対象外預金には、外貨預金、譲渡性預金、元本補てん契約のない金銭信託などが該当する。付保対象外預金を覚えておき、それ以外は付保預金と判断しよう。

  3. 確定拠出年金制度で運用されている預金は、加入者の預金等として、預金保険制度による保護の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。確定拠出年金制度での預金も保護の対象となる。

  4. 国内証券会社が保護預かりしている一般顧客の外国株式は、投資者保護基金による補償の対象外である。

    [解答解説] ×
    不適切である。一般顧客が証券会社に預けた資産が対象で、国内・海外発行の区別はない。対象外はデリバティブ取引、FX取引、くりっく365取引などである。

[解答] 4
[補足]

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...