2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題38】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 38
旅館業を営むX社が受け取る次の金銭のうち、消費税の課税対象とされるものとして、最も適切なものはどれか。

  1. 旅館に宿泊した者から受け取った宿泊料

    [解答解説] ○
    適切である。

  2. 旅館に火災が発生して損害保険会社から受け取った保険金

    [解答解説] ×
    不適切である。

  3. X社が所有している上場株式から受け取った配当金

    [解答解説] ×
    不適切である。

  4. X社が新たに従業員を採用して受け取った特定求職者雇用開発助成金

    [解答解説] ×
    不適切である。

[解答] 1
[解説]
配当金や保険金などは消費税の要件を満たさない取引なので不課税取引である。株式の譲渡や住宅・土地の貸付、土地の譲渡などは非課税取引となる。試験では消費税の課税対象かどうかだけ判断できれば十分だが、課税対象外の取引例を確認しておこう。

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...