2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題41】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 41
不動産の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地価公示の公示価格は、毎年7月1日を価格判定の基準日としている。

    [解答解説] ×
    不適切である。公示価格の基準日は毎年1月1日である。毎年7月1日を基準日としているのは基準値標準価格である。

  2. 都道府県地価調査の基準地の標準価格は、各都道府県に設置された土地鑑定委員会が判定する。

    [解答解説] ×
    不適切である。基準値標準価格は都道府県知事が判定する。なお、公示価格は国土交通省の土地鑑定委員会が判定する。

  3. 相続税路線価は、地価公示の公示価格の70%を価格水準の目安として設定されている。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続税路線価(相続税評価額)は、公示価格の80%を目安としている。

  4. 固定資産税評価額は、原則として、市町村長が固定資産評価基準により決定する。

    [解答解説] ○
    適切である。固定資産税評価額は、市町村長が決定する。

[解答] 4
[解説]
土地の価格については出題頻度の高い内容なので、次の表で確認しておこう。

公示価格基準地標準価格相続税評価額固定資産税評価額
発表機関国土交通省都道府県国税庁市町村
利用目的一般の取引価格の指標一般の取引価格の指標相続税や贈与税の基準固定資産税や不動産取得税の基準
基準日毎年1月1日毎年7月1日毎年1月1日3年ごと1月1日
公表日3月下旬9月下旬7月1日3月(4月)
評価割合80%70%

※公示価格:土地鑑定委員会が、2人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な調整を行って、当該標準地の1平方メートル当たりの正常な価格を判定
※基準地標準価格:知事が毎年7月1日時点の基準地の標準価格を判定

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...