2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題48】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 48
個人が土地を譲渡したことによる譲渡所得に係る所得税の取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 相続(限定承認に係るものを除く)により取得した土地を譲渡した場合において、その土地の所有期間を判定する際の取得の日は、原則として被相続人が取得した日とされる。

    [解答解説] ○
    適切である。不動産を譲渡した場合、短期譲渡所得か長期譲渡所得かによって税率が異なるため取得日が重要となるが、相続(限定承認に係るものを除く)により取得した土地を譲渡した場合の取得日は被相続人が取得した日とされる。

  2. 土地の譲渡に係る所得については、その土地を譲渡した日の属する年の1月1日における所有期間が10年以下の場合には短期譲渡所得に区分され、10年を超える場合には長期譲渡所得に区分される。

    [解答解説] ×
    不適切である。10年ではなく5年である。

  3. 土地を譲渡する際に不動産業者に支払った仲介手数料は、譲渡所得の金額の計算上、その土地の譲渡費用に含まれる。

    [解答解説] ○
    適切である。譲渡所得は、「総収入金額-(取得費+譲渡費用)」で求められるが、譲渡費用には譲渡時の仲介手数料や取壊費用、印紙税などが含まれる。

  4. 土地の譲渡に係る譲渡所得は、他の所得と分離して課税される。

    [解答解説] ○
    適切である。譲渡所得のうち、不動産と株式は分離課税である(ほかは総合課税)。

[解答] 2
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...