2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題49】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 49
土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本人とは有効活用する土地の所有者のことである。

  1. (ア)の空欄には「デベロッパー」があてはまる。

    [解答解説] ×
    不適切である。事業受託方式は、土地の所有者がデベロッパーにすべての活用を任してしまう方法である。すべて自ら行う自己建設方式とは異なり、デベロッパーの専門知識を活用できるメリットはあるが、建設資金はもちろん、デベロッパーへの報酬が発生する。自己建設方式や建設協力金方式、定期借地権方式と同様、土地の所有権は移転しない。

  2. (イ)の空欄には「テナント」があてはまる。

    [解答解説] ×
    不適切である。建設協力金方式は、テナントに建物の建設費(建設協力金)を保証金として出してもらい、その資金をもとに建物を建設する方法である。土地所有者は賃料を受け取ることができるが、建設協力金(保証金)を差し引いて受け取る。

  3. (ウ)の空欄には「あり」があてはまる。

    [解答解説] ×
    不適切である。等価交換方式は自らの土地のすべてや一部をデベロッパーに譲渡し、その土地の価値分の建物を取得する方法である。そのため土地の所有権の全部または一部がデベロッパーに移転する。

  4. (エ)の空欄には「借地人」があてはまる。

    [解答解説] ○
    適切である。定期借地権方式は、一定期間土地を貸し、借り手(借地人)が建物を建てるなりして土地を活用する方法である。

[解答] 4
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...