2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題51】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 51
親族等に係る民法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 民法上の親族とは、6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族をいう。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、民法において親族は6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族を指す。

  2. 特別養子縁組が成立した場合、原則として養子と実方の父母との親族関係は終了する。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、特別養子縁組では養子と実方の父母との親族関係は終了する。父母による子の監護が著しく困難又は不適当であること等の事情がある場合において、子の利益のため特に必要があると家庭裁判所に認められる。普通養子縁組は家の跡継ぎなどを目的をするが、特別養子縁組は子どもの福祉が目的となる。

  3. 協議上の離婚をした夫婦の一方は、他方に対して財産の分与を請求することができる。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、夫婦の一方は、他方に対して財産の分与を請求することができる。協議上の離婚は、家庭裁判所を介さず夫婦の合意と離婚届でだけで行える離婚のことである。

  4. 相続人が被相続人の子である場合、実子と養子、嫡出子と嫡出でない子の別なく、同順位で相続人となるが、嫡出でない子の相続分は、嫡出子の2分の1である。

    [解答解説] ×
    不適切である。法定相続分の違いはない。嫡出子と非嫡出子の法定相続分が同等となったのはごく最近で、平成25年9月5日以降の相続からである。なお、法定相続分(民法)で差があるのは、半血兄弟姉妹(父母の一方のみ同じ)の法定相続分である。なお相続税上の扱いは異なり、法定相続人に含まれる人数には制限(実子がいる場合は養子1人まで、実子がいない場合は養子2人まで算入)がある。

[解答] 4
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...