2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題57】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 57
相続税における宅地の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 宅地の価額は、その宅地が登記上は2筆の宅地であっても一体として利用している場合は、その2筆の宅地全体を1画地として評価する。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、宅地を評価する際、登記上は2筆の宅地であっても一体として利用している場合はその2筆の宅地全体を1画地として扱う。

  2. 宅地の評価方法には、路線価方式と倍率方式とがあり、それぞれの評価において用いる路線価および倍率は、いずれも路線価図により公表されている。

    [解答解説] ×
    不適切である。倍率方式の倍率は路線価図には記載されていない。実技問題で前面道路に「300C」などと記載されている図が路線価図である。実際の路線価図では倍率方式を採用している地域は確認できるが、倍率は評価倍率表で確認しなければならない。

  3. 路線価方式における路線価とは、路線に面している標準的な宅地の1坪当たりの価額である。

    [解答解説] ×
    不適切である。1坪当たりの価額ではなく1㎡当たりの価額である。

  4. 倍率方式における倍率とは、評価する宅地の公示価格に乗ずる倍率のことをいう。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続税に関する評価なので、相続税評価額である。公示価格を100%とすると、相続税評価額は80%、固定資産税評価額は70%を価格の目安としている。

[解答] 1
[補足]
路線価図は実際の国税庁サイトから、ご自身の出身地などを眺めるだけでも参考になる。なお、倍率地域は一般的に都心以外に多い。
・国税庁
路線価図・評価倍率表
評価倍率表
路線価図上の倍率地域(さいたま市岩槻区)

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...