2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題58】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 58
相続税における家屋等の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか

  1. 自用家屋の価額は、「固定資産税評価額×1.0」の算式により計算した金額により評価する。

    [解答解説] ○
    適切である。自用家屋は、「固定資産税評価額×1.0」で求める。

  2. 貸家の価額は、「自用家屋としての評価額×借家権割合×賃貸割合」の算式により計算した金額により評価する。

    [解答解説] ×
    不適切である。貸家の価額とは、家を貸した場合の貸主側の評価額である。よって、「自用家屋としての評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)」となる。

  3. 借家権は、この権利が権利金等の名称をもって取引される慣行のない地域にあるものについては、評価しない。

    [解答解説] ○
    不適切である。問題文のとおり、借家権は、この権利が権利金等の名称をもって取引される慣行のない地域にあるものについては、評価しない。つまり家を借りる権利を権利金として徴収するかどうかは、その地域の慣行にしたがい、取引される慣行のない地域では評価されないとしている。

  4. 家屋の所有者が有する家屋と構造上一体となっている設備の価額については、その家屋の価額に含めて評価する。

    [解答解説] ○
    適切である。電気設備、ガス設備、衛生設備、給排水設備などが構造上一体となっている設備で、家屋の価額に含めて評価すうr。

[解答] 2
[補足]
選択肢3や4は知らなくても問題なく、選択肢2が誤りであると判断して正解したい。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...