2級FP過去問解説(学科)2017年9月【問題59】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 59
遺産分割対策に関する次の一般的な記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 遺言により遺産分割方法を指定しておくことは、遺産分割における共同相続人間のトラブルの発生を防止するのに効果的である。

    [解答解説] ○
    適切である。たとえば相続財産が土地のみの場合、どのように分割するか協議が調わない可能性があるため、「売却して現金を分ける(換価分割)」「長男に相続させ、次男には長男から相続分相当額を渡す(代償分割)」などの分割方法も指定しておくと安心である。

  2. 財産の大半が不動産である場合、不動産の一部を売却し、現金化しておくことは、遺産分割対策として有効な方法の一つである。

    [解答解説] ○
    適切である。家庭裁判所に持ち込まれる事件(相続案件)は多くの財産を持っている家庭のみと考えるかもしれないがそうではない。不動産が財産の大半であると分割する際に協議が調わず家庭裁判所に調停や審判を申し立てる可能性があり、時間や費用がかかる。相続人が不動産を売却してもいいか迷う可能性もあることから、事前に現金を準備しておくことも有効な方法の一つといえる。

  3. 代償分割を予定している場合、特定の財産(遺産)を取得する相続人は、他の相続人に対して代償債務を負担しなければならないため、相続開始前に代償債務の履行財源(現金その他の財産)を確保しておくことが望ましい。

    [解答解説] ○
    適切である。対策を何もしないままだと、選択肢1の例で示した「長男から次男への受け渡し」ができない可能性があるため、生命保険の死亡保険金の受取人を長男とし、その資金を利用する方法が考えられる。

  4. 代償分割により特定の財産(遺産)を取得した相続人から他の相続人に交付された代償財産が不動産や株式であっても、その不動産や株式を交付した相続人には、譲渡所得として所得税が課せられることはない。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続人固有の不動産等で交付すると、その交付した人が時価で売却したと見なされ、譲渡所得として所得税が課せられる。

[解答] 4
[補足]

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...