2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題2】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 2
年代に対応した一般的なライフステージ別資金運用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 20~30歳代で、結婚や住宅取得に向けた資金作りに取り組む時期には、リスクのある資金運用も可能であるが、将来のために金銭管理の方法や運用の知識を身に付けることも重要である。

    [解答解説] ○
    適切である。20~30歳代であればこれから収入が上昇する可能性が高く、万一リスクのある資金運用で元本割れしても収入があれば修復可能である。それでもリスクを軽減するために運用の知識を身に付けることが重要である。

  2. 30~40歳代で、子どもの教育費や住宅取得のための資金計画を立てる時期には、資金の目的や本人の金融知識に適合した運用方法を選択することが重要である。

    [解答解説] ○
    適切である。運用方法は年代ごとに変化する(年代によってリスク許容度が変わる)が、本人の持っている金融知識によっても変わる。金融知識なしにハイリスクな運用をしてしまうと想定外のことが起こった場合、対応するのが難しいだろう。

  3. 40~50歳代前半で、子どもの教育費や住宅ローンの返済など家計負担が重くなる時期には、セカンドライフを視野に入れた長期的な資金運用を検討することも重要となる。

    [解答解説] ○
    適切である。40~50歳代前半で、子どもの教育費や住宅ローンの返済などが考えられる場合、退職後にも引き続き返済しなければならないと予想される。そのため年金収入やセカンドライフを想定した資金計画が必要となる。

  4. 50歳代後半以降で、セカンドライフのために退職金を含めた長期的な資金計画を立てる時期には、将来の生活資金確保のためリスクを気にせずハイリターン追求を優先する資金運用が重要となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。選択肢1でも解説したが、若い時期ならある程度のリスクを負ってもいいが、50歳代後半になると資金が減った場合、セカンドライフに大きな影響を与えてしまうため、生活に必要な資金に対しては安全性の高い運用を心がけることが大切である。

[解答] 4
[補足]
[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...