2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題7】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 7
公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 遺族基礎年金を受給することができる遺族は、国民年金の被保険者等の死亡の当時、その者によって生計を維持し、かつ、所定の要件を満たす「子のある配偶者」または「子」である。

    [解答解説] ○
    適切である。遺族基礎年金の受給要件は、生計維持関係があり、かつ、所定の要件を満たす「子のある配偶者」または「子」である。

  2. 寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が10年以上ある夫が障害基礎年金または老齢基礎年金の支給を受けることなく死亡し、その死亡の当時、夫によって生計を維持し、かつ、夫との婚姻期間が10年以上継続した妻が60歳以上65歳未満の間に受給することができる。

    [解答解説] ○
    適切である。寡婦年金はポイントが多く覚えにくいかもしれないが、まず第1号被保険者の独自給付であることをおさえておく。寡婦年金は夫の死亡により妻に支給される年金だが、夫と妻に要件がある。
    夫:保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が10年以上、障害基礎年金または老齢基礎年金の支給を受けていないこと。
    妻:夫との婚姻期間10年以上、生計維持関係にあること、60歳以上65歳未満であること。

  3. 厚生年金保険の被保険者が死亡し、子のない30歳未満の妻が遺族厚生年金の受給権を取得した場合、その妻に対する遺族厚生年金の支給期間は、最長で10年間となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。遺族厚生年金の受給要件のうち、子のない30歳未満の妻は、5年間の有期給付となる。

  4. 配偶者が死亡したことにより遺族厚生年金の受給権を取得した65歳以上の受給権者について、その受給権者が受給できる老齢厚生年金の額が、遺族厚生年金の額を上回る場合は、遺族厚生年金の全部が支給停止される。

    [解答解説] ○
    適切である。基本的には自分自身の年金が優先される。問題文とは異なり、遺族厚生年金の額が老齢厚生年金の額を上回る場合は、差額分が遺族厚生年金の額が支払われる。ただ問題文のように老齢厚生年金の額の方が多い場合は遺族厚生年金は支払われず、老齢厚生年金のみとなる。

[解答] 3
[補足]

[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...