2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題9】住宅ローンの借換え

問題9

住宅ローンの借換えを検討しているAさんが、仮に下記<資料>のとおり住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

<資料>

[Aさんが現在返済中の住宅ローン]
・ 借入残高:1,000万円
・ 利率:年2%の固定金利
・ 残存期間:11年
・ 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
・ 返済額:毎年1,013,508円
[Aさんが借換えを予定している住宅ローン]
・ 借入金額:1,000万円
・ 利率:年1%の固定金利
・ 返済期間:10年
・ 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
・ 返済額:毎年1,051,249円
・ 借換え費用:20万円
※他の条件等は考慮しないものとする。

  1. 完済までに636,098円の負担増加となる。
  2. 完済までに436,098円の負担増加となる。
  3. 完済までに436,098円の負担減少となる。
  4. 完済までに636,098円の負担減少となる。

[正解]  (適切)

[解説]

借換えは、現在返済中のローン残高を新しい金融機関から借りることである。借換えには、新規時と同様、諸費用がかかるため、諸費用を含めても借換え効果があるかシミュレーションする必要がある。また借換え時に自己資金を投入して借入金額を減らしたり、返済期間を短くして利息負担額を減らしたりすることも考えられる。
現:1,013,508円×11年=11,148,588円
新:1,051,249円×10年=10,512,249円+200,000円=10,712,490円
11,148,588円ー10,712,490円=436,098円
よって、完済までに436,098円の負担減少となる。


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...