2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題11】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 11
保険法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保険法は、生命保険契約、損害保険契約だけでなく保険契約と同等の内容を有する共済契約も対象に含まれる。

    [解答解説] ○
    適切である。保険法では、保険契約と同等の内容を有するものも対象としている。

  2. 保険契約者または被保険者になる者は、生命保険契約の締結に際し、保険会社から告知を求められた事項以外に保険事故の発生の可能性に関する重要な事項があれば、その者が自発的に判断して事実の告知をしなければならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。告知事項に該当する内容だけ答えればよい。なお、自発的に告知事項以外を回答する必要はないが、もし書いてしまった場合は、その内容も診査の対象になる可能性がある。

  3. 保険契約者や被保険者が故意に告知義務に違反した場合、保険会社は、原則として、保険契約を解除することができる。

    [解答解説] ○
    適切である。故意に告知しなかったり、うそを書いたりした場合は契約解除される可能性がある。

  4. 火災保険の超過保険契約があった場合に、その超過したことについて保険契約者および被保険者が善意でかつ重大な過失もないときは、その保険契約者は、原則として、超過部分について契約を取り消すことができる。

    [解答解説] ○
    適切である。損害保険の場合、評価を超える保険契約をした場合でも評価額までしか補償されない。そのため超えた部分は無駄になるが、善意でかつ重大な過失もなければ超過部分について契約を取り消すことができ、保険料の返還を受けることができる。

[解答] 2
[補足]
[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...