2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題12】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 12
生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. 無選択型終身保険は、加入に当たって健康状態について告知や医師の診査を必要としないが、保険料については、支払保険料以外の契約条件が同じで告知や診査を必要とする終身保険と比べて割高となる。

    [解答解説] ○
    適切である。無選択型は医師の診査だけでなく告知も不要であるため、保険料は割高となる。

  2. 低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間満了後に解約をした場合の解約返戻金の額については、支払保険料以外の契約条件が同じで低解約返戻金型ではない終身保険と同程度である。

    [解答解説] ○
    適切である。低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間中の解約返戻金は一般的な終身保険と比べて7割程度と少ないが、保険料払込期間満了後は同等となる。保険料払込期間中の解約返戻金をおさえることで保険料を安くしている商品である。

  3. 定期保険特約付終身保険(更新型)は、定期保険特約部分の更新の際には健康状態についての告知や医師の診査が必要であり、健康状態によっては更新できない。

    [解答解説] ×
    不適切である。定期保険特約部分の更新の際は、健康状態にかかわらず更新できる。なお、更新時にその時の年齢に応じて保険料も変更される(高くなる)。

  4. 収入保障保険は、死亡保険金が年金形式で支払われるが、一括支払いの請求をして年金現価を一時金で受け取ることもできる。

    [解答解説] ○
    適切である。収入保障保険は、定期保険の一種で、満期に近づくほど保険金は減額されるが、その分、定期保険と比べ保険料は安くなっている。また年金形式で受け取れるのも特徴だが、一括での受け取りも可能である。ただ年金形式の総額よりも先に受け取る分、減額される。

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...