2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題14】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 14
生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 所得税における「介護医療保険料控除」の控除限度額は、4万円である。

    [解答解説] ○
    適切である。控除は、一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除、それぞれ4万円、合計で12万円が限度である。

  2. 一時払い個人年金保険の保険料は、「個人年金保険料控除」の対象とはならず、「一般の生命保険料控除」の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。個人年金保険料控除の適用を受けるためには要件がある。実際に加入する際にも「税制適格特約」が付いてるか確認する必要があるが、具体的な要件は次の通りである。
    ・年金受取人は被保険者と同一であること。
    ・保険料払込期間が10年以上であること。
    ・確定年金や有期年金なら年金開始日の年齢が60歳以上で、受取期間が10年以上であること。
    ・年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれかであること。
    よって、一時払いは対象外となる。

  3. 変額個人年金保険の保険料は、「一般の生命保険料控除」の対象とはならず、「個人年金保険料控除」の対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。変額個人年金保険は一般の生命保険料控除の対象である。

  4. 平成23年12月31日以前に契約した定期保険特約付終身保険の定期保険特約部分を平成24年1月1日以後に更新した場合、生命保険料控除においては平成24年1月1日以後に新規に契約した保険契約と同様の取扱いとなる。

    [解答解説] ○
    適切である。更新した場合は、平成24年1月1日以後に新規に契約した保険契約と同様の取扱いとなる。

[解答] 3
[補足]
[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...