2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題20】損害保険の活用

問題20

損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 隣家の失火が原因で自宅が焼失するリスクに備えて、住宅用建物と家財を対象とした火災保険を契約した。
  2. 子が店舗で買い物中に誤って陳列されている商品を壊した際に法律上の損害賠償責任を負うリスクに備えて、個人賠償責任保険(特約)を契約した。
  3. 自転車通勤中に転倒してケガをするリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。
  4. 勤めている会社が倒産して失業するリスクに備えて、所得補償保険を契約した。

[正解]  (不適切)

  1. 隣家の失火が原因で自宅が焼失するリスクに備えて、住宅用建物と家財を対象とした火災保険を契約した。
  2. [解説]
    故意または重過失がなければ隣家の失火による自宅の焼失で損害賠償責任を追及することはできない。出火の原因が自らの場合だけでなく隣家の失火に備えるためにも火災保険は必要となる。

  3. 子が店舗で買い物中に誤って陳列されている商品を壊した際に法律上の損害賠償責任を負うリスクに備えて、個人賠償責任保険(特約)を契約した。
  4. [解説]
    日常生活で相手にけがを負わせたり、ものを壊したりした場合で法律上の賠償責任を負ったときが対象となる。なお、他人から借りていたものへの損害、業務中の損害は対象外となる。

  5. 自転車通勤中に転倒してケガをするリスクに備えて、普通傷害保険を契約した。
  6. [解説]
    普通傷害保険は、日常生活でのけがに対する保険である。国内・国外を問わず、家庭内や就業中も対象となる。

  7. 勤めている会社が倒産して失業するリスクに備えて、所得補償保険を契約した。
  8. [解説]
    所得補償は病気やケガで働けなくなったときのための保険である。


[要点のまとめ]

<賠償責任保険>

PL保険
生産物賠償責任保険
製造、販売した製品の欠陥で他人に損害を与えた場合への備え
施設所有管理者
賠償責任保険
施設の不備による事故で他人に損害を与えた場合への備え
請負業者賠償責任保険請負業務中に他人に損害を与えた場合への備え
受託者賠償責任保険他人から預かった物を紛失したり、失くしたりした場合への備え
個人賠償責任保険日常生活で他人に損害を与えた場合への備え
所得補償保険働くことができなくなった場合への備え
労働災害総合保険労災保険の上乗せ給付
企業費用・利益保険企業活動が停止した場合への備え
機械保険機械が損害を受けた場合への備え
建設工事保険建築中の建物に損害が生じた場合への備え

[確認ノート]

<賠償責任保険>

(   )保険
(   )賠償責任保険
製造、販売した製品の欠陥で他人に損害を与えた場合への備え
(   )
賠償責任保険
施設の不備による事故で他人に損害を与えた場合への備え
(   )賠償責任保険請負業務中に他人に損害を与えた場合への備え
(   )賠償責任保険他人から預かった物を紛失したり、失くしたりした場合への備え
(   )賠償責任保険日常生活で他人に損害を与えた場合への備え
所得補償保険働くことができなくなった場合への備え
労働災害総合保険労災保険の上乗せ給付
企業費用・利益保険企業活動が停止した場合への備え
機械保険機械が損害を受けた場合への備え
建設工事保険建築中の建物に損害が生じた場合への備え

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...