2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題22】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 22
投資信託の一般的な仕組みや特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 通貨選択型投資信託は、株式や債券などの投資対象資産における通貨とは異なる通貨を選択して投資することができる投資信託である。

    [解答解説] ○
    適切である。通貨選択型投資信託は、株式や債券など対象資産を選択できることはもちろん、通貨も選択することができる投資信託である。

  2. 上場不動産投資信託(J-REIT)は、投資を目的とする法人を設立することによって組成される会社型の投資信託である。

    [解答解説] ○
    適切である。投資信託は、形態によって会社型と契約型に分けられる。現在、日本の多くの投資信託は契約型だが、上場不動産投資信託は会社型の投資信託である。

  3. 「日経平均レバレッジ・インデックス」に連動するETFは、日経平均株価の日々の変動率の2倍になるように計算された指数に連動するように運用されており、2営業日以上離れた日との比較においても、常に2倍の変動率を保つことになる。

    [解答解説] ×
    不適切である。「日経平均レバレッジ・インデックス」は、日経平均株価の2倍の変動率でうごく指数である。問題文に「2営業日以上離れた日との間にも2倍の変動率を保つ」とあるが、あくまでも1日の変動率である。変動率が2倍となっているため、ハイリスク・ハイリターンの商品性を持つ。

  4. 「日経平均インバース・インデックス」に連動するETFは、日経平均株価の前営業日に対する変動率のマイナス1倍となるように計算された指数に連動するように運用されている。

    [解答解説] ○
    適切である。インバースは「逆の」という意味で、日経平均の変動率に対して逆の値動きをする株価指数である。

[解答] 3
[補足]
[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...