2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題27】オプション取引

問題27

オプション取引に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. コール・オプションは「原資産を売る権利」であり、プット・オプションは「原資産を買う権利」である。
  2. オプションの買い手の損失は無限定であるが、オプションの売り手の損失は、プレミアム(オプション料)に限定されている。
  3. コール・オプション、プット・オプションのいずれも、他の条件が同じであれば、満期までの期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は低くなる。
  4. オプションの取引形態には、金融商品取引所に上場されている上場オプション、相対で取引される店頭オプションがある。

[正解]  (適切)

[解説]

選択肢4を読むと、はっきりと正しいと判断できないかもしれない。テキストに記載されていないかもしれないし、特に意識して覚えようとする項目でもないためだ。このような問題が正解となる場合、ほかの3つの選択肢で正誤判断する消去法となる。ほかの3つの選択肢はしっかりと正誤の判断をつけなければならない内容となっている。

  1. コール・オプションは「原資産を売る権利」であり、プット・オプションは「原資産を買う権利」である。
  2. [解説]
    コール・オプションは「原資産を買う権利」であり、プット・オプションは「原資産を売る権利」である(逆である)。

  3. オプションの買い手の損失は無限定であるが、オプションの売り手の損失は、プレミアム(オプション料)に限定されている。
  4. [解説]
    オプションの買い手の損失はプレミアム(オプション料)に限定されているが、オプションの売り手の損失は、無限定である(これも逆である)。

  5. コール・オプション、プット・オプションのいずれも、他の条件が同じであれば、満期までの期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は低くなる。
  6. [解説]
    満期までの期間が長いほど、プレミアム(オプション料)は高くなる。

  7. オプションの取引形態には、金融商品取引所に上場されている上場オプション、相対で取引される店頭オプションがある。
  8. [解説]
    金融商品取引所を通さず、相対(あいたい)で取引されるオプションを店頭オプションという。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...