2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題34】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 34
所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 納税者が保有する生活に通常必要な資産について、災害、盗難または横領による損失が生じた場合、一定の金額の雑損控除の適用を受けることができる。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、雑損控除は災害、盗難または横領による損失が生じた場合の控除である。

  2. 医療費控除(「特定一般用医療品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例」を除く)の控除額は、その年中に支払った医療費の金額(保険金等により補てんされる部分の金額を除く)の合計額から、総所得金額等の10%相当額を控除して計算される。

    [解答解説] ×
    不適切である。総所得金額から10%相当額を控除ではなく、10万円か総所得金額の5%のいずれか少ない方である。

  3. 国民年金基金の掛金は、その全額が社会保険料控除の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、国民年金基金の掛金は全額、社会保険料控除の対象である。

  4. 納税者が生計を一にする配偶者に青色事業専従者給与を支払った場合、その支払った金額の多寡にかかわらず、その納税者は配偶者控除を受けることができない。

    [解答解説] ○
    適切である。青色事業専従者給与を適用すると、配偶者控除や配偶者特別控除を適用することはできない。

[解答] 2
[補足]
[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...