2級FP過去問解説(学科)2018年1月【問題58】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 58
金融資産の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 個人向け国債の価額は、課税時期において中途換金した場合に取扱機関から支払いを受けることができる価額によって評価する。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、個人向け国債の相続税評価額は、課税時期において中途換金した場合に取扱機関から支払いを受けることができる価額となる。

  2. 定期預金の価額は、課税時期における預入残高に源泉所得税控除後の既経過利子の額を加算した金額で評価する。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、定期預金の相続税評価額は課税時期における預入残高に源泉所得税控除後の既経過利子の額を加算した金額となる。

  3. 上場されている証券投資信託の受益証券の価額は、上場株式の評価方法に準じて評価する。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、上場証券投資信託の受益証券は、上場株式の評価方法に準じて評価した金額となる。

  4. 相続開始時において、保険事故がまだ発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、課税時期における既払込保険料相当額により評価する。

    [解答解説] ×
    不適切である。生命保険契約に関する権利の価額は、課税時期における解約返戻金相当額である。

[解答] 4
[補足]
[類問]

[結果]

2018年1月合格率
・学科 45.63%(協会)/28.53%(きんざい)
・資産設計 57.45%  ・個人資産 31.72%
・保険顧客 50.20%  ・中小企業 47.56%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...