2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題41】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 41
不動産の登記に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 不動産の登記記録は、当該不動産の所有者の住所地である市町村および特別区の役所や役場に備えられている。

    [解答解説] ×
    不適切である。不動産の登記記録は、不動産の所在地を管轄する登記所に備えられている。

  2. 不動産の売買契約を締結した当事者は、当該契約締結後3ヵ月以内に、所有権移転の登記をすることが義務付けられている。

    [解答解説] ×
    不適切である。不動産の登記は、新しく建物を建てたときや土地の利用目的を変更(田→宅地)したときに登記しなければならないが、所有権など権利部の変更については義務付けられていない。

  3. 不動産の登記事項証明書の交付を請求することができるのは、当該不動産に利害関係を有する者に限られる。

    [解答解説] ×
    不適切である。記事項証明書の交付は誰でも請求することができる。

  4. 不動産の登記記録を信じて土地を取得した者は、その登記記録の権利関係が真実と異なっていたときには、原則として、その土地に対する権利は法的に保護されない。

    [解答解説] ○
    適切である。登記を信頼して取引をした者が保護される効力を公信力というが、不動産登記には公信力はない。なお、登記をすることで第三者に対抗できる対抗力はある。

[解答] 4
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...