2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題42】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 42
不動産鑑定評価基準における不動産の価格を求める鑑定評価の手法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 不動産の価格を求める鑑定評価の基本的な手法は、原価法、取引事例比較法および収益還元法に大別される。

    [解答解説] ○
    適切である。不動産の鑑定評価には、原価法、取引事例比較法、収益還元法があり、組み合わせて使用する。

  2. 原価法は、価格時点における対象不動産の再調達原価を求め、この再調達原価について減価修正を行って対象不動産の価格を求める手法である。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、原価法は、再調達原価について減価修正を行って対象不動産の価格を求める手法である。

  3. 取引事例比較法は、多数の取引事例を収集して、適切な事例を選択し、これらの取引価格に事情補正および時点修正ならびに地域要因の比較および個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量して、対象不動産の価格を求める手法である。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、取引事例比較法は、取引事例を参考にし、事情補正や時点修正を加えて価格を求める方法である。

  4. 収益還元法は、実際に賃貸の用に供されていない自用の不動産の価格を求める際には適用することができない。

    [解答解説] ×
    不適切である。収益還元法は、将来生み出す収益と最終的な売却価格から現在の価格を求める方法である。自用の不動産であっても住宅の規模や地域状況から賃貸物件とした場合の収益を求めて適用することができる。

[解答] 4
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...