2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題53】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 53
贈与税の申告と納付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 贈与税の申告書の提出期間は、原則として、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までである。

    [解答解説] ○
    適切である。贈与税の申告書の提出期限は、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までである。

  2. 贈与税の申告書の提出先は、原則として、受贈者の住所地の所轄税務署長である。

    [解答解説] ○
    適切である。贈与税の申告書の提出先は、受贈者の住所地の所轄税務署長である(贈与者ではない)。

  3. 贈与税の納付について認められる延納期間は、最長で10年間である。

    [解答解説] ×
    不適切である。延納による分割は5年以内である。

  4. 贈与税を延納するためには、納付すべき贈与税額が10万円を超えていなければならない。

    [解答解説] ○
    適切である。贈与税で延納を認めてもらうためには、金銭一括納付が困難であること、納付すべき贈与税額が10万円を超えていること、延納申請書を申告書の提出期限までに提出すること、担保を提供すること、である。

[解答] 3
[補足]
[類問]

    [結果]

    2018年5月合格率
    ・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
    ・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
    ・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました