2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題55】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 55
下記<親族関係図>において、Aさんの相続が開始した場合の相続税の計算における「遺産に係る基礎控除額」として、最も適切なものはどれか。なお、EさんおよびFさんは、AさんおよびBさんの普通養子(特別養子縁組以外の縁組による養子)である。

  1. 30,000千円

    [解答解説] ×
    不適切である。

  2. 48,000千円

    [解答解説] ×
    不適切である。

  3. 54,000千円

    [解答解説] ○
    適切である。

  4. 60,000千円

    [解答解説] ×
    不適切である。

[解答] 3
[解説]

遺産に係る基礎控除額は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で求めるため、法定相続人の数を決定する必要がある。
親族関係図を見ると、実子と養子がいるが、法定相続分は実子と養子とでは差がないが、法定相続人の数に算入する場合には、「実子がいる場合は養子は1人まで、実子がいない場合は養子は2人まで」となっている。
よって、配偶者、実子Cさん、実子Dさん、養子Eさん(または養子Fさん)の4人なので、
3,000万円+600万円×4=5,400万円
となる。

[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...