2級FP過去問解説(学科)2018年5月【問題56】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 56
相続税の計算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 相続人が相続の放棄をした場合、その放棄をした者についても、「法定相続人の数」に含めて、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額を計算する。

    [解答解説] ○
    適切である。相続人が相続を放棄しても、放棄がなかったものとして「法定相続人の数」に含める。

  2. 相続人となるべき被相続人の子がすでに死亡しているため、その死亡した子を代襲して相続人となった被相続人の孫は、相続税額の2割加算の対象者となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続税額が2割加算されるのは、被相続人の配偶者、1親等の血族以外の兄弟姉妹などである。

  3. 相続開始時の相続人が被相続人の配偶者のみで、その配偶者がすべての遺産を取得した場合、「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受ければ、相続により取得した財産額の多寡にかかわらず、配偶者が納付すべき相続税額は生じない。

    [解答解説] ○
    適切である。「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受ければ、1億6,000万円か法定相続分まで課税されない。被相続人が配偶者だけであれば法定相続分は100%となり、どんなに財産が多くても相続税額は発生しない。

  4. 「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けることができる配偶者は、被相続人と法律上の婚姻の届出をした者に限られる。

    [解答解説] ○
    適切である。「配偶者に対する相続税額の軽減」では、内縁の妻など法律上の婚姻関係がないと適用できない。

[解答] 2
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...