2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題9】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 9
日本学生支援機構の奨学金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 貸与型奨学金の申込手続きは、原則として在学している学校を通じて行うものであるが、進学前に奨学金の予約をすることもできる。

    [解答解説] ○
    適切である。貸与型奨学金は入学後に受け取ることになるが、入学前に申し込む予約採用と入学後に申し込む在学採用がある。在学採用は入学後に審査が行われるため、実際に奨学金を受け取れるのは秋ぐらいになる。そのため、予約採用で申し込むのが一般的である。

  2. 給付型奨学金は返還義務のない奨学金であるが、在学している学校において学業成績が著しく不振である場合等には、支給打切りや返還が必要となる場合もある。

    [解答解説] ○
    適切である。給付型に限らず、貸与型も学業成績が不振の場合は、廃止される可能性がある。

  3. 貸与型奨学金には、利息付(在学中は無利息)貸与の「第一種奨学金」と、無利息で貸与を受けられる「第二種奨学金」がある。

    [解答解説] ×
    不適切である。貸与型奨学金は、無利息で貸与を受けられる「第一種奨学金」と、利息付(在学中は無利息)貸与の第二種奨学金」がある。

  4. 貸与型奨学金の返還が困難になった場合、月々の返還額を減らして返還期間を延ばす減額返還か、一定期間返還を先送りする返還期限猶予を願い出ることができる。

    [解答解説] ○
    適切である。奨学金の返済が厳しい場合は、日本学生支援機構に相談し、返済額を減らすなど猶予してもらうことができる。

[解答] 3
[補足]
[類問]

    [結果]

    2018年9月合格率
    ・学科 39.47%(協会)/21.45%(きんざい)
    ・資産設計 50.52%  ・個人資産 20.47%
    ・保険顧客 37.42%  ・中小企業 41.97%

    解答解説[表示]


    <解説・みんなの評価>

    「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
    「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
    「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
    「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
    「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
    で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

    解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
    読み込み中...