2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題11】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 11
個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 一時払変額個人年金保険は、特別勘定の運用実績に基づいて将来受け取る年金額等が変動するが、死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。

    [解答解説] ○
    適切である。一時払変額個人年金保険は、変額保険であるため、死亡給付金に最低保証がある(増えることはある)が、解約返戻金額や年金額には最低保証がない(増えることも減ることもある)。

  2. 保証期間のない有期年金では、年金受取開始後、契約時に定めた年金受取期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、被保険者の相続人が残りの年金受取期間分の年金現価を一時金で受け取ることができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。有期年金は、生きている限り、一定の期間内に年金が受給できる年金なので、期間内であっても死亡したら受け取ることはできない。期間内に死亡しても受け取れる年金は確定年金である。

  3. 確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた年金受取総額を死亡給付金として受け取ることができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。年金受取開始日前に被保険者が死亡した場合は、既払年金保険料相当額を死亡給付金として受け取ることができる。

  4. 終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内容が同一の場合、保険料は男性の方が女性よりも高くなる。

    [解答解説] ×
    不適切である。終身年金は生きている限り、一生涯受け取れる年金であるため、男性より寿命が長い女性は保険料が高くなる。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...