2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題21】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 21
経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 国内総生産(支出側)の構成項目のうち、民間最終消費支出は、最も高い構成比を占めている。

    [解答解説] ○
    適切である。国内総生産GDPで最も高い支出は民間最終消費支出である。なお、2番目に多いのが政府最終消費支出である。

  2. 全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、全国約1万社の企業を対象に、資金繰り、雇用人員、業況の見通しなどについて調査したものである。

    [解答解説] ○
    適切である。日銀短観は、全国約1万社の企業を対象に、3ヵ月後の景気動向に関する調査を行い、集計したもの。業況が良いと答えた企業の割合から悪いと答えた企業の割合を引いた業況判断DIを発表している。

  3. 景気動向指数において、東証株価指数は、景気の動きに対してほぼ一致して動く、一致系列に分類されている。

    [解答解説] ×
    不適切である。株価は一般的に将来の景気予想に基づいて動く。そのため株式の指標である東証株価指数は先行系列となる。 

  4. 経済成長率には名目値と実質値があり、名目値は物価変動の影響を受けるため、名目値が上昇していても、実質値は下落することがある。

    [解答解説] ○
    適切である。名目GDPはGDPを時価評価したもので物価変動の影響を受ける。経済成長をしなくても物価が上昇すれば名目値は上昇するが、実質値は経済成長そのものである。名目値の上昇が物価の上昇のみが原因である場合で、経済成長がマイナスとなれば、名目値は上昇するが、実質値は下落する。

[解答] 3
[補足]
[類問]

[結果]

2018年9月合格率
・学科 39.47%(協会)/21.45%(きんざい)
・資産設計 50.52%  ・個人資産 20.47%
・保険顧客 37.42%  ・中小企業 41.97%

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...