2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題24】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 24
債券の仕組みと特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 格付機関が行う債券の信用格付けで、「BBB(トリプルB)」格相当以上の債券は、一般に、投資適格債とされる。

    [解答解説] ○
    適切である。S&Pの格付けでは「BBB(トリプルB)」格相当以上の債券は投資適格債とされる。

  2. 日本国内において海外の発行体が発行する外国債券のうち、円建てで発行するものを「サムライ債」といい、外貨建てで発行するものを「ショーグン債」という。

    [解答解説] ○
    適切である。サムライ債は、払込、利払い、償還全てが円建てで発行するもの、シょーグン債は、払込、利払い、償還全てが外貨建てで発行するものである。

  3. 日本銀行などの中央銀行が金融緩和策を強化すると、一般に、市場金利は低下し、債券価格も下落する。

    [解答解説] ×
    不適切である。日銀による金融緩和策は、多くの資金を市場に流通させることで、金利を低く誘導し、借り入れによる設備投資をしやすくするなどの目的がある。市場金利が低下すると、金利の高い時に発行した債券に資金が集まるため、債券価格は上昇する。

  4. 個人向け国債は、基準金利がどれほど低下しても、0.05%(年率)の金利が下限とされている。

    [解答解説] ○
    適切である。個人向け国債には、最低保証金利が設けられており、変動10年、固定5年、固定3年いずれも0.05%である。

[解答] 3
[補足]
[類問]

[結果]

2018年9月合格率
・学科 39.47%(協会)/21.45%(きんざい)
・資産設計 50.52%  ・個人資産 20.47%
・保険顧客 37.42%  ・中小企業 41.97%

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...