スポンサーリンク

2級FP過去問解説(学科)2018年9月【問題52】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 52
贈与税の課税財産に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 契約者(=保険料負担者)が母、被保険者が父、保険金受取人が子である生命保険契約において、父の死亡により子が受け取った死亡保険金は、子が母から贈与により取得したものとして贈与税の課税対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。資金が母から子に移っており、母は死亡していないため、贈与税の課税対象となる。

  2. 子が、父の所有する土地を使用貸借によって借り受けて、その土地の上に自己資金で建物を建築して自己の居住の用に供した場合には、子が父から借地権相当額を贈与により取得したものとして、贈与税の課税対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。使用貸借の場合、贈与税はかからない。

  3. 父が、その所有する土地の名義を無償で子の名義に変更した場合には、原則として、子が父からその土地を贈与により取得したものとして、贈与税の課税対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。名義変更をした場合には贈与したことになり、贈与税の課税対象となる。

  4. 離婚による財産分与として取得した財産は、その価額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額等を考慮して社会通念上相当な範囲内である場合、原則として、贈与税の課税対象とならない。

    [解答解説] ○
    適切である。離婚による財産分与で社会通念上相当な範囲内である場合、原則として、贈与税の課税対象とならない。

[解答] 2
[補足]
[類問]

    [結果]

    2018年9月合格率
    ・学科 39.47%(協会)/21.45%(きんざい)
    ・資産設計 50.52%  ・個人資産 20.47%
    ・保険顧客 37.42%  ・中小企業 41.97%

    解答解説[表示]

    解説者

    FPオフィスベストライフ代表。CFP®認定者・宅建士(未登録)などの資格を保有し、個人相談や執筆業務を行っています。FP資格関連では、LEC東京リーガルマインド、職業訓練校、アガルートなどでFP講師、FP資格の解説本を執筆・校閲した経験があります。
    ※誤字脱字・解答解説ミスなどございましたら、ページ下よりご報告いただけると幸いです。

    FP試験研究所をフォローする
    2級FP/2018年9月(学科)
    FP講師による【2級FP】過去問解答解説
    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました