2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題15】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 15
生命保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、いずれも契約者(=保険料負担者)および保険金・給付金等の受取人は個人であるものとする。

  1. 契約者と被保険者が同一人である医療保険において、被保険者が疾病のため入院治療をしたことにより受け取る入院給付金は、一時所得として課税対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。入院給付金は非課税である。手術給付金、高度障害保険金、リビングニーズ特約による保険金なども非課税である。

  2. 契約者と満期保険金受取人が同一人である保険期間10年の養老保険において、一時金で受け取る満期保険金は、一時所得として課税対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。養老保険でも5年以内に解約せず、満期保険金を受け取っているため、一時所得として課税対象となる。金融類似商品の要件を満たしているかどうかを確認しておきたい。

  3. 契約者と死亡保険金受取人が同一人であり被保険者が異なる終身保険において、被保険者の死亡により一時金で受け取る死亡保険金は、一時所得として課税対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。契約者が支払った保険料が死亡保険金として契約者が受け取るので、所得税(一時所得)の対象となる。

  4. 一時払終身保険を契約から5年以内に解約して契約者が受け取る解約返戻金は、一時所得として課税対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。一時払の保険で5年以内に解約していても、満期のない終身保険は金融類似商品に該当せず、一時所得として課税対象となる。

[解答] 1
[補足]
[類問]

    [結果]

    2019年1月合格率(未発表)
    ・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
    ・資産設計 -%  ・個人資産 -%
    ・保険顧客 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました