2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題17】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 17
傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 海外旅行傷害保険では、日本を出国してから帰国するまでの間に被った損害を補償の対象としており、国内移動中の損害は補償の対象とならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。海外旅行傷害保険は、家を出発してから帰宅するまで補償される。「家に帰るまでが修学旅行」と定番フレーズで覚えておこう。

  2. 家族傷害保険(家族型)において、保険期間中に誕生した記名被保険者本人の子は被保険者とはならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。保険期間中に誕生した記名被保険者本人の子も被保険者となる。

  3. 普通傷害保険では、国内における事故等による損害を補償の対象としており、海外旅行中の事故等による損害は補償の対象とならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。普通傷害保険は、国内外、業務外・日常問わず補償の対象である。

  4. 国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償の対象となる。

    [解答解説] 〇
    適切である。国内旅行傷害保険では、細菌性食中毒やウイルス性食中毒による損害は補償の対象である。なお、国内旅行傷害保険では地震による損害は補償の対象外だが、海外旅行傷害保険では地震、細菌性食中毒ともに補償の対象となる。

[解答] 4
[補足]
[類問]

    [結果]

    2019年1月合格率(未発表)
    ・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
    ・資産設計 -%  ・個人資産 -%
    ・保険顧客 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました