2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題28】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 28
アセットアロケーション等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. アセットアロケーションは、さまざまなリスクを低減しつつ安定したリターンを目指すために、投資資金を複数の資産クラス(国内外の株式、債券、不動産等)に配分することである。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、アセットアロケーションンは資産クラスの配分である。

  2. 現代ポートフォリオ理論の一般的な考え方によれば、運用の成果に与える影響は、資産クラスの配分比率よりも個別銘柄の選択や売買のタイミング等の方が大きいとされている。

    [解答解説] ×
    不適切である。説明が逆である。現代ポートフォリオ理論の一般的な考え方では、用の成果に与える影響は、個別銘柄の選択や売買のタイミング等よりも資産クラスの配分比率の方が大きいとされている。

  3. 運用期間を通して定められた資産クラスの金額の配分比率を維持する方法の一つとして、値上がりした資産クラスを売却し、値下がりした資産クラスを購入するリバランスという方法がある。

    [解答解説] ○
    適切である。たとえば、安全性の高い国債の比率を50%、株式を50%の配分でポートフォリオを組み、株式が値上がりすると、株式の比率が高くなる。このままにしておくとリスクが高くなるため、もとの50%に戻すために株式の一部を売却するリバランスが行われる。

  4. 資産クラスの金額ではなくリスク量が同等になるように配分比率を決める運用においては、特定の資産クラスのボラティリティが上昇した場合、当該資産を売却する方法がある。

    [解答解説] ○
    適切である。ボラティリティは価格変動の激しさの度合いを表しており、ボラティリティが高いと価格変動が激しいことを意味する。金融においてリスクは変動の大きさを表すため、リスク量が同等になるように配分比率を決めた後、特定の資産のボラティリティが高まれば、配分比率を戻すために、資産を売却する。

[解答] 2
[補足]
[類問]

[結果]

2019年1月合格率(未発表)
・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
・資産設計 -%  ・個人資産 -%
・保険顧客 -%

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...