2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題31】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 31
所得税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 課税総所得金額に対する所得税の税率は、課税総所得金額が大きくなるにつれて税率が高くなる超過累進税率である。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、所得税の税率は、課税総所得金額が大きくなるにつれて税率が高くなる超過累進税率である。

  2. 所得税では、課税対象となる所得を8種類に区分し、それぞれの所得の種類ごとに定められた計算方法により所得の金額を計算する。

    [解答解説] ×
    不適切である。8区分ではなく、10区分である。

  3. 所得税の納税義務者は、日本国内に住所を有する個人である居住者に限定されている。

    [解答解説] ×
    不適切である。居住者は、国内に住所のある、または現在まで引き続き1年以上、居所を有する個人だが、非居住者も国内源泉所得のみ課税される。納税義務者の定義が複雑だが、本肢の正誤を判断できればよい。

  4. 所得税は、国や地方公共団体の会計年度と同様、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間を単位として課される。

    [解答解説] ×
    不適切である。所得税は、1月1日から12月31日までを期間の単位としている。

[解答] 1
[補足]
[類問]

    [結果]

    2019年1月合格率(未発表)
    ・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
    ・資産設計 -%  ・個人資産 -%
    ・保険顧客 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました