2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題38】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 38
法人税における交際費等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 得意先への接待のために支出した飲食費が参加者1人当たり1万円以下である場合、交際費等に該当しない。

    [解答解説] ×
    不適切である。

  2. 専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用は、交際費等に該当しない。

    [解答解説] ○
    適切である。

  3. カレンダー、手帳等を得意先等に配るために通常要する費用は、交際費等に該当しない。

    [解答解説] ○
    適切である。

  4. 期末資本金の額等が1億円以下の一定の中小法人が支出した交際費等のうち、年800万円までの金額は、損金の額に算入することができる。

    [解答解説] ○
    不適切である。

[解答] 1
[解説]

交際費には該当するもの、該当しないものがあるが、その前に、以下の点を確認しておく。
・交際費の損金算入限度額
 1億円以下の法人:交際費800万円以下の全額か飲食支出費×50%のどちらかを選択
 1億円超の法人:飲食支出費×50%
・1人あたり5,000円以内の飲食代は交際費に含まれず、全額を損金算入できる。
上記を覚えたら、交際費に該当するもの、該当しないものを暗記する。
・カレンダー、手帳などの作成費用 ⇒ 広告宣伝費
・会議の弁当代、茶菓子代 ⇒ 会議費

[類問]

    [結果]

    2019年1月合格率(未発表)
    ・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
    ・資産設計 -%  ・個人資産 -%
    ・保険顧客 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました