2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題52】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 52
民法で定める親族等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 養子縁組(特別養子縁組ではない)が成立した場合、養子と実方の父母との親族関係は終了する。

    [解答解説] ×
    不適切である。普通養子は、実方の父母との親族関係も継続する。

  2. 相続開始時における胎児は、すでに生まれたものとみなされ、死産の場合を除き、相続権が認められる。

    [解答解説] ○
    適切である。胎児も相続権が認められる。

  3. 本人からみて、配偶者の兄は、2親等の姻族であり、親族である。

    [解答解説] ○
    適切である。配偶者の父母が1親等の姻族で、兄弟姉妹(や配偶者の祖父母)は2親等の姻族である。また親族とは、6親等内の血族、配偶者及び3親等の姻族を指す。

  4. 夫婦の一方が死亡した場合、生存配偶者と死亡した者の血族との姻族関係は、生存配偶者が所定の届出を行うことにより終了する。

    [解答解説] ○
    適切である。生存配偶者は姻族関係終了届を届出することで、死亡した者の血族との姻族関係は終了する。いわゆる「死後離婚」のことで、義父母や義理の兄弟姉妹などの扶養義務を負いたくない場合に選択するケースが見られる。

[解答] 1
[補足]
[類問]

    [結果]

    2019年1月合格率(未発表)
    ・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
    ・資産設計 -%  ・個人資産 -%
    ・保険顧客 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました