2級FP過去問解説(学科)2019年1月【問題60】

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 60
直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例(以下「本特例」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 本特例は、受贈者の父母からの贈与だけでなく、受贈者の配偶者の父母からの贈与も対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。贈与者は、直系尊属の父母や祖父母が対象である。

  2. 贈与を受けた年分の所得税に係る合計所得金額が2,000万円を超える受贈者は、本特例の適用を受けることができない。

    [解答解説] ○
    適切である。受贈者は、贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下でなければならない。

  3. 父からの贈与について相続時精算課税を選択している者は、父からの住宅取得資金の贈与について本特例と併用して適用を受けることができない。

    [解答解説] ×
    不適切である。相続時精算課税制度と併用することができる。

  4. 父からの住宅取得資金の贈与について本特例の適用を受けた者は、父からの子育て資金の贈与について「直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」と併用して適用を受けることができない。

    [解答解説] ×
    不適切である。併用して適用できる。

[解答] 2
[補足]
[類問]

    [結果]

    2019年1月合格率(未発表)
    ・学科 -%(協会)/-%(きんざい)
    ・資産設計 -%  ・個人資産 -%
    ・保険顧客 -%

    解答解説[表示]

    error:Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました