2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題2】ライフプランニング

問題2

ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングに当たって作成する各種の表の一般的な作成方法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、取得時点の価額ではなく作成時点の時価で計上する。
  2. キャッシュフロー表の作成において、可処分所得は、「年間の収入金額-(所得税+住民税)」で計算された金額を計上する。
  3. キャッシュフロー表の作成において、各年次の金融資産残高は、「前年末の金融資産残高×(1+運用利率)±当年の年間収支」で計算された金額を計上する。
  4. ライフイベントごとの予算額は現在価値で見積もり、キャッシュフロー表の作成においてはその価額を将来価値で計上する。

[正解]  (不適切)

  1. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、取得時点の価額ではなく作成時点の時価で計上する。
  2. [解説]
    バランスシート分析では、作成時点の時価で計上する。バランスシートはある時点の資産と負債を比較し、純資産がどのくらいあるかを確認する。純資産が多ければ、キャッシュフローが多少悪化しても、資産の売却で対応できる可能性がある。

  3. キャッシュフロー表の作成において、可処分所得は、「年間の収入金額-(所得税+住民税)」で計算された金額を計上する。
  4. [解説]
    可処分所得は、自由に使える所得のことで、所得税と住民税のほかに社会保険料も差し引かなければならない。

  5. キャッシュフロー表の作成において、各年次の金融資産残高は、「前年末の金融資産残高×(1+運用利率)±当年の年間収支」で計算された金額を計上する。
  6. [解説]
    各年次の金融資産残高は、「前年末の金融資産残高×(1+運用利率)±当年の年間収支」で計算する。実際にキャッシュフロー表で確認すると分かりやすいだろう。

  7. ライフイベントごとの予算額は現在価値で見積もり、キャッシュフロー表の作成においてはその価額を将来価値で計上する。
  8. [解説]
    たとえば基本生活費が200万円だとしたら、200万円は現在価値であり、1年後、2年後など将来の基本生活費は変動率をかけて求めた金額(200万円✕1.01など)を計上する。


[要点のまとめ]

<ライフプランニング>
(1) バランスシート
個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、取得時点の価額ではなく作成時点の時価で計上する。
(2) 可処分所得
年間の収入金額から所得税、住民税および社会保険料を差し引いた金額
(3) キャッシュフロー表
キャッシュフロー表の作成において、収入および支出項目の変動率や金融資産の運用利率は、作成時点の見通しで設定する。
(4) ライフイベント
ライフイベントごとの予算額は現在価値で見積もり、キャッシュフロー表の作成においてはその価額を将来価値で計上する。


[確認ノート]

<ライフプランニング>
(1) バランスシート
個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、(   )時点の価額ではなく(   )時点の時価で計上する。
(2) 可処分所得
年間の収入金額から所得税、住民税および(   )保険料を差し引いた金額
(3) キャッシュフロー表
キャッシュフロー表の作成において、収入および支出項目の変動率や金融資産の運用利率は、(   )時点の見通しで設定する。
(4) ライフイベント
ライフイベントごとの予算額は(   )価値で見積もり、キャッシュフロー表の作成においてはその価額を(   )価値で計上する。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...