2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題10】財務諸表

問題10

下記<A社の貸借対照表>に関する次の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、
最も適切なものはどれか。

  1. (ア)買掛金 (イ)流動負債 (ウ)固定負債 (エ)社債
  2. (ア)買掛金 (イ)固定負債 (ウ)流動負債 (エ)社債
  3. (ア)売掛金 (イ)流動負債 (ウ)固定負債 (エ)利益剰余金
  4. (ア)売掛金 (イ)固定負債 (ウ)流動負債 (エ)利益剰余金

[正解]  (不適切)

[解説]

貸借対照表の見方や用語の意味は出題される可能性が高いためおさえておく必要がある。
・資産合計=負債合計+純資産合計
・流動:1年以内、固定:長期(1年以上)
 ※流動資産は1年以内で資産にできるもの、現金化できるもの
・負債=他人資本、純資産=自己資本
(ア)
買掛金は、購入代金を後日支払う場合に計上し、売掛金は、売却代金を後日受け取る場合に計上する。
(イ)(ウ)
流動負債は、1年以内に返済期日が訪れる負債、固定負債は長期に渡って返済する負債である。
(エ)
(エ)に該当するのは利益剰余金である。社債は借入であるため、固定負債に記載する。

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...