2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題11】生命保険料の仕組み

問題11

生命保険の保険料等の仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保険料の内訳は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料とに分けられる。
  2. 生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。
  3. 契約者配当金とは、決算によって発生した剰余金が契約者に分配されるものであり、株式の配当金と同様に、配当所得として課税対象となる。
  4. 責任準備金は、将来の保険金・給付金等の支払いの責任に応じるために、保険数理に基づいて算定されて積み立てられる。

[正解]  (不適切)

  1. 保険料の内訳は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料とに分けられる。
  2. [解説]
    保険料は、純保険料と付加保険料に分けられ、純保険料はさらに死亡保険料と生存保険料に分けられる。

  3. 生命保険事業における剰余金の3利源は、死差益・利差益・費差益である。
  4. [解説]
    剰余金(利益金)は、将来の支払いに備えておく積立金を上回る資金であり、死差益・利差益・費差益の3つある。死差益は実際の死亡者数より予定死亡者数が多いとき、利差益は運用による収入が予定より多いとき、費差益は実際の事業費より予定事業費が多いときに発生する。

  5. 契約者配当金とは、決算によって発生した剰余金が契約者に分配されるものであり、株式の配当金と同様に、配当所得として課税対象となる。
  6. [解説]
    契約期間中に受け取る配当金は、支払保険料から控除し課税されない。なお保険金と一緒に受け取る配当金は保険金の額に含めて一時所得として課税対象になる。また、相続税、贈与税が課税されるような場合には、配当金は保険金の額に含めて課税対象になる。

  7. 責任準備金は、将来の保険金・給付金等の支払いの責任に応じるために、保険数理に基づいて算定されて積み立てられる。
  8. [解説]
    保険数理は、数学と統計学を活用して、死亡率や疾患率などから将来の保険金や必要な保険料などを求める分野である。保険の設計(商品開発)にはアクチュアリー(保険数理士)が携わる。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...