2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題14】生命保険料控除

問題14

生命保険料控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 住宅ローンの借入れの際に加入した団体信用生命保険の保険料は、一般の生命保険料控除の対象となる。
  2. 終身保険の保険料の未払いにより自動振替貸付となった場合、それによって立て替えられた金額は、生命保険料控除の対象となる。
  3. 2012年1月1日以後に締結した生命保険契約に付加された傷害特約の保険料は、介護医療保険料控除の対象となる。
  4. 2011年12月31日以前に締結した医療保険契約を2012年1月1日以後に更新した場合、更新後の保険料は介護医療保険料控除の対象とならず、一般の生命保険料控除の対象となる。

[正解]  (適切)

  1. 住宅ローンの借入れの際に加入した団体信用生命保険の保険料は、一般の生命保険料控除の対象となる。
  2. [解説]
    住宅ローンの借入れの際に加入した団体信用生命保険の保険料は、生命保険料控除の対象外である。具体的には、「保険金受取人を自己または配偶者その他の親族とする、生命保険契約等」が対象となるため、団信に付ける特約でも保険金受取人を契約者にする場合には生命保険料控除の対象となる(保障内容によるため「一般」とは限らない)。

  3. 終身保険の保険料の未払いにより自動振替貸付となった場合、それによって立て替えられた金額は、生命保険料控除の対象となる。
  4. [解説]
    自動振替貸付で支払った保険料も生命保険料控除の対象となる。

  5. 2012年1月1日以後に締結した生命保険契約に付加された傷害特約の保険料は、介護医療保険料控除の対象となる。
  6. [解説]
    傷害特約は損害保険であり、保険料控除の対象外となる。

  7. 2011年12月31日以前に締結した医療保険契約を2012年1月1日以後に更新した場合、更新後の保険料は介護医療保険料控除の対象とならず、一般の生命保険料控除の対象となる。
  8. [解説]
    生命保険料控除は2011年12月31日以前と2012年1月1日以降で計算方法は異なるが、旧控除適用商品を2012年1月1日以降に更新した場合は新控除が適用されるため、医療保険特約は介護医療保険料控除の対象となる。


[要点のまとめ]

<生命保険料控除>
1.平成23年以前
(1) 一般の生命保険料控除と個人年金保険料控除で、最大控除額は各5万円、住民税は3.5万円が上限
(2) 契約の更新、転換、特約の付加を行うと契約全体が新契約扱いとなる。 
2.平成24年以降
(1) 一般の生命保険料控除、個人年金保険料控除、介護医療保険料控除で、最大控除額は各4万円、住民税は2.8万円が上限
3.新旧同じ控除(どちらも一般、どちらも年金)※今後出題されるかも
次のうち、最も控除額が大きい方法を採用する。
(1) 旧控除のみ(新控除は無視)
(2) 新控除のみ(旧控除は無視)
(3) 旧控除+新控除(ただし上限は4万円)


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...