2級FP過去問解説(学科)2019年5月【問題17】保険と税金

問題17

契約者(=保険料負担者)および被保険者を同一の個人とする損害保険の税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 契約者が不慮の事故で死亡したことによりその配偶者が受け取る普通傷害保険の死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. 契約者の自宅が火災で焼失したことにより契約者が受け取る火災保険の保険金は、非課税となる。
  3. 契約者が受け取る年金払積立傷害保険の給付金(年金)は、配当所得として課税対象となる。
  4. 契約者が受け取る保険期間10年の積立火災保険の満期返戻金は、一時所得として課税対象となる。

[正解]  (不適切)

  1. 契約者が不慮の事故で死亡したことによりその配偶者が受け取る普通傷害保険の死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
  2. [解説]
    普通傷害保険の死亡保険金は、相続税の課税対象となる。ただ死亡保険金には非課税枠があるため、「500万円✕法定相続人の数」の枠内であれば課税されない。

  3. 契約者の自宅が火災で焼失したことにより契約者が受け取る火災保険の保険金は、非課税となる。
  4. [解説]
    火災保険の保険金は非課税である。

  5. 契約者が受け取る年金払積立傷害保険の給付金(年金)は、配当所得として課税対象となる。
  6. [解説]
    年金形式で受け取る給付金なので雑所得として課税対象となる。

  7. 契約者が受け取る保険期間10年の積立火災保険の満期返戻金は、一時所得として課税対象となる。
  8. [解説]
    満期返戻金は一括で受け取るので、一時所得として課税対象となる。


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...